一昔前、関税も無いし、香港は買い物天国などと
呼ばれていた時代がある・・・。

 

・・・が、

 

今や円安の世の中。
街にあふれかえっているジャンク品はもとより、
ハイブランドも何もかも、香港にあるものは大して安くない。

その上、その手のものを買いに行くと、
大抵、大陸人がトランクを持って買い物に来ていおり、
縦横武人に買い漁っているので、
無秩序・カオス・大混乱で、本当にストレスフルなのである。

また、静かな気持ちで買い物を楽しもうと、
それなりのショッピングモールのハイブランドのお店に
入っても、まるでドンキホーテで買い物をするオバチャン
よりもけたたましく邪魔をされたりする。

特に「あ~これ良いな~」と、見ている隣に
大陸人がいたりすると、その商品はガン見され、
棚に戻した瞬間ピックされ、

 

「ふん、たいした事無いね」

などの一言を口にしたりするので、気分が悪い。

 

また、仮に大陸人がいない店だとしても、
店員が寄ってきて広東語で捲くし立てる。

・・・それも大抵どうでも良い情報であるが、
とりあえず黙らない。それが彼らのオモテナシである…

…のかもしれない。

そんな一生懸命、切れ目なく、
息継ぎするのも忘れるくらい
説明をする香港人に

 

「ごめんなさい、広東語分からないので・・・」

と英語が広東語で言ったりなんかすると、
一瞬、凄く嫌な顔をし、北京語になったりする。

つーか、北京語もわかんねーよ

と、言いたくなるのだが、
そこで英語が苦手な店員だったりすると、
それまで情報の洪水だったのに、突然止んだりもする。

 

 

彼らが言っている事は「二つ買うと○%引き」だの
3つ買うと1個おまけ」だの、お得情報、あるいは
「これは新作」だの程度のものである。

そういう店員に「財布を捜してる」と言うと、
突然、何を根拠にかは知らないが、全然興味の無い
アイテムを進められたりするのである。

そういう傾向はコンビニでも見られる。

風邪を引き、コンビニへ薬を買いに行った際、
レジにて、店員がレジ付近においている商品を
押し売りしてくるのだが、こちらは、薬を買いに行っているのだが、


「一緒にチョコレートはどうですか?」


って、

いらねーよ
せめて、その隣にあるマスクをおすすめしろ!


と思うのであった…。

あぁ、、、日本で買い物がしたい・・・。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村